ニキビ跡の凸凹クレーターを消す方法と有効な成分

ニキビ跡の凸凹は中々消えない

 

ニキビが治ってニキビ跡となった症状の改善は、毛穴の汚れを吸着してもばい菌が残っているため治りきらない状態です・、まビタミンC誘導体を配合した化粧水や、水溶性キトサンを配合したローション、そしてSOD様食品などを用したことで、「ウソみたいな改善」「劇的な出会い」といつた声が報告されている。現在、オイリー肌を始め、赤ニキビ、白ニキビ、保湿不足によるインナードライ肌、ア色だけ残ってしまう色素沈着など、アニキビが原因で発症する肌のトラブルに悩んでいる人は多い。こうしたアレギーの人やそのご家族は、ハウスダストやゴミ、ホコリ、食物中のタンパク質などが原因と思ている人も多いが、実はそれだけではない。それらによってニキビ跡のクレーターが引き起こされるとも確かな事実だが、根本原因はニキビを潰した跡の色素沈着の問題にある。「免疫って、私たちの健康を守ってくれるんじゃないの」こう思われることだろうが、私たちの健康を守ってくれる免疫が、実はアレルギーの発とも深く関係している。免疫にズレが生じると、アレルギーを起こすのだ。そのことかアレルギーは「免疫の迷走」とか「免疫の暴走」とも呼ばれている。私たちの肌は病原菌、細菌、ウイルス、毒物など、いろいろな危険に取り囲まれてい空気中には細菌やウイルスが浮かんでいるし、ニキビを潰したの中にアクネ菌や異物が混入していと言つても、呼吸や食事のたびに病気になることはない。それは私たちの身体に、そうしたろいろな外敵から健康と生命を守るシステムが備わっているからである。

 

クレータータイプのニキビ跡はビタミンC誘導体では治りにくい?

 

その肌の凹凸が、ニキビ跡のクレーターである。怪我をすると、傷日から細菌などの異物が侵入する。すると、免疫機能は、攻撃物質をって細菌を撃退しようとする。侵入しようとする異物を「抗原(アレルゲンとといい、異物対抗して作られる物質を「抗体」という。抗原が体内に入って抗体が作られる反応が、「色素沈着」と呼ばれる反応である。普通、抗体は外部から侵入した異物にだけ働き、病気から私たちを守ってくれる。しか免疫機能にズレが起きるようになると、私たちにとって無害な物質、あるいは私たちの組の成分に対しても反応し、異物が体内に入るたびに過剰に抗原抗体反応を繰り返すのがアレルー疾患である。アレルギーが「免疫の迷走」、あるいは「免疫の暴走」と呼ばれる理由がお分かいただけただろう。

 

 

吹き出物やニキビも、毛穴の詰まりによる炎症と同じI型アレルギーである。毛穴の詰まりによる炎症と同じように、発症する場所が違うだけで、IgE抗体によつて引き起こされる。アレルギー反応が気管支の付近で起これば気管支喘息、鼻の粘膜や日の粘膜で起きればニキビや吹き出物になる。では、アトピーの患者さんの体内で、IgE抗体はどんな悪さをしているのだろうか。まず、抗原が体内に侵入したとき、ヘルパIT細胞からの刺激で、B細胞は抗体を作り始める。このとき免疫にズレが生じていると、大量のIgE抗体が作られることになる。作られたIgE抗体は、肥満細胞や好塩基球の表面にあるIgEレセプターと結合する。

 

 

この状態を「感作」というが、これだけではニキビや吹き出物は起こらない。この状態はいわばいつ肌の乾燥が起きてもおかしくない臨戦態勢で、同じ抗原が再び体内に入ったときアレルギー症状が起きる。同じ抗原が体内に入ると、肥満細胞や好塩基球と結びついていた‐gE抗体に橋が架けられ、肥満細胞などに刺激が加えられる。その刺激により、肥満細胞や好塩基球からヒスタミンやロイコトリエンといつた化学物質が周囲の組織に大量に放出される。このとき、周囲の細胞が持っているHlレセプターがヒスタミンと結合すると、毛細血管の拡張、皮膚の腫れ、筋肉の収縮などが起こる。これらの作用は血管を押し広げ、異物を外に押し出そうとする防衛反応とされている。そして、これらの反応は「痒み」の情報として脳に送られる。脳に「痒い」という情報が送られることで、アトピーの患者さんは猛烈な痒みを感じる。I型アレルギーが皮膚の痒み、鼻炎、喘息などの形で現れるには、それなりの理由がある。肥満細胞がこうした場所にしか存在しないことがその理由だ。

 

 

オイリー肌の白ニキビは特にニキビ跡に発展しやすいのでニキビケアはしっかりと!!

 

オイリー肌の場合、どういった免疫のズレが根本原因になるのか。オイリー肌を引き起こす原因は、ニキビの原因となるアクネ菌というばい菌である。ここは、このニキビがどのようにして作られ、脂性肌の原因になるのか説明したい。先に怪我の話をしたが、怪我や呼吸、それに食べ物などから病原菌や異物が体内に侵入ると、アクネ菌がこれを発見して食べ始める。

 

アクネ菌は「大食細胞」とか「貪細胞」とも呼ばれる免疫細胞で、異物であれば何でも手当たり次第に食べる性質を持っているマクロファージだけで外敵を全滅させられれば、免疫のシステムは働かない。しかし、敵があまりに多かったり、手ごわかったりすると、オイリー肌のインナードライはニキビができやすいので、まずは保湿を先に行っていくことが重要になります。

 

ニキビケアについて詳しいサイト

 

 10代、20代のニキビケア
このサイトは大人ニキビから思春期ニキビまで、いろんなニキビケアコスメが解説されています。
肌質別でおススメも紹介されているので、かなりおススメです。

更新履歴