肌に良い成分を色々と調べています

肌に良い成分を色々と調べています記事一覧

潜在的にビタミン欠乏症を引き起こしやすい状況にあるのです。体内に入ったアルコールは、肝臓内でアルコール脱水素酵素(ADH)などによって分解されますが、これらの酵素がより効果を発揮するためには、大量のビタミンCやニコチン酸(ナイアシン)が消費されます。疲労が重なって体力が落ちているときは、鼻やのどの粘膜の抵抗力が弱っているので、ウイルスが体...
詳細を見る
ビタミンAなので、ビタミンCといつしよに摂取することをおすすめします。また、ビタミンEには、低下している免疫機能を高める作用のあることが確認されています。どうしても寝ていられないときは、ふだんよりも多めにビタミンCやEを摂取し、同時に弱った体力を回復させる効果のあるビタミンB群をとりましょう。とくに疲れぎみの人やお年寄りは、ビタミンEを十...
詳細を見る
発がん物質が含まれていますが、とくに問題になるのは、喫煙によって体内で発生する「活性酸素」 の存在です。喫煙によって体内で発生する活性酸素は、肺の中ですぐに反応を起こし、肺がん、肺気腫など、さまざまな肺障害の原因になります。また、活性酸素は血液中に溶け込んで、血管やさまざまな組織に障害を起こします。この有害な活性酸素を消去するために抗酸化...
詳細を見る
同じ栄養素を含むサプリメントでも、さまざまな形状のものがあって、いったいどれを選べばいいのか迷う、という声をよく聞きます。しかし、錠剤やカプセル剤、粉末、ドリンクのどれでも、同量のビタミンを含んでいるかぎり、効果は同じです。ただし、ドリンク剤でとる場合、腸管からすばやく吸収されるため、速効性があります。しかし、2?6時間後の血中濃度を調べ...
詳細を見る
スポーツなどで酸素消費量が高まったときやストレスで胃が傷ついたときなど、私たちのからだはSOD活性を高め、大量発生した活性酸素を消去するのです。しかし、SODの活性は年齢とともに低下します。また、からだが弱ったり、病気にかかつたりすると、バランスを失って機能しにくくなります。そのため、酸化を抑える抗酸化物質を含む食物を積極的にとることが必...
詳細を見る
値段は、高いものから安いものまでさまざまです。その差は、容器の違いや、製造販売にかかる人件費や宣伝費の違い、ビタミンやミネラル以外に加味されている成分(ロイヤルゼリーなど)の違いなどによって左右されると考えられます。サプリメントには成分表示があり、含まれている成分や分量が書かれています。同じ成分や分量であれば、内容や質は基本的に差がないと...
詳細を見る
体内に取り込んだ酸素が、からだのあちこちをサビつかせる私たちは呼吸をしなければ生きていけません。呼吸することで、酸素を体内に取り入れているのですが、その酸素がからだに悪さをするのをご存じでしょうか。酸素には、ものを酸化させる力があります。りんごを切って放置しておくと、切り口が褐色に変わっていきます。また、鉄を放置するとサビついてしまいます...
詳細を見る
野菜のビタミン含有量は、残念ながら、年々減っています。昭和25年、100g中のほうれんそうに含まれるビタミンCの値は150 mgでしたが、現在の「五訂食品成分表」では35 Vgとヽわずか4分の1にも満たないのです。原因として考えられるのは、以前の東洋種と現在の品種が違っていること、また現在は促成栽培なので、土壌から各種微生物の力を借りてミ...
詳細を見る
■ゴマリグナン植物の根、茎、花、種子などには、リグナンという成分が含まれている。ごまに含まれているリグナンをゴマリグナンと呼ぶ。ゴマリグナンは抗酸化物質のセサミン、セサモール、セサミノール、セサモリンなどの総称である。肝機能を高める働きがあるので二日酔いを防止するほか、悪玉コレステロールを減少させる効果があるといわれている。■コラーゲンタ...
詳細を見る
■ βカロチン主に緑黄色野菜の食物繊維に含まれている。体内に入ると、その一部はビタミンAに変化する。ビタミンAはがんを予防する働きがあり、変化しなかった残■のβカロチンは、活性酸素の害を防止するなどの働きをするといわれている。■ β‥Dグルカンきのこ類には、グルカンという多糖類が成分として含まれている。そのうち、β‐Dグルカンは、人間の免...
詳細を見る
妊娠とわかったら、出産予定日を計算して教えてくれます。妊娠期間は28日を1か月とし、最終月経第1日目から数えて280日日、40週目のお産が統計的にいちばん多くなっています。そのため、出産予定日は280日目を目安に算出し、その前後2週間を範囲に入れます。計算法は月経周期が28日の人は、最終月経の第1日に280日を加えた日が予定日です。簡単に...
詳細を見る